「天声」が表示されます
「天声」が表示されます
HOMEお問い合わせ所在地声明
シリーズ 【Vol.34】
【Vol.34】
「観いの時代」がやってくる
いま人類は、大きな転換期にさしかかっていると言えるでしょう。
現代社会が、混乱状態にあるのも、地球環境が破壊されつつあるのも、また人間が人間らしさを喪失しているのも、すべて新しい時代を生み出す〝産みの苦しみ〟がそうさせていると言えるのかもしれません。
では、人類はどのように変わっていくのでしょうか。それは、私たち人間の「観い(おもい)のまま」です。人間らしく、喜びに満ちた生活ができる〝真に幸福な社会〟の実現を「観えば」、その通りの社会が実現するのです。
私たち人間は、この地球上に生命を与えられてから今日までに、68億人(2010年9月現在)という〝数量の繁栄〟を遂げてきました。しかし、これまでの繁栄は、人間一人ひとりが悩みを抱え、苦を刻みながら歩んできた道でもありました。けっして、「自然の法則」に沿った道でもありませんでした。
その結果が、いま現在の私たち人間がおかれている状況でしょう。そして、これまで人間が歩んできた道の延長線上に、私たち人間の未来が置かれているのです。
一部の人は、そのことに気づき、「文明の時代」から「心の時代」へ変わらなければと提唱しています。しかし、それでも不十分です。なぜなら、人間の心は揺れ動くからです。心を中心に置いた時代は、どうしても苦の刻みから逃れられないためです。
私たち人間が、これからめざす時代は、自然の法則を中心に置いた「観いの時代」でなければなりません。科学や経済が可能にした、これまでの人類の〝数量的な繁栄〟ではなく、「喜びの観いの力」による〝人間の繁栄〟でなければ、この地球上に、人間が真の幸福を実現する時代は、永遠にやってこないと言えるでしょう。
「観いの時代」とは、人間が人間らしく、喜びに満ちた日々を送れる時代、自然の法則につかさどられ、大宇宙と調和しながら発展していく、本物の人間の時代です。
目に見える世界ではなく、目に見えない世界にこそ、その答があります。そこに「観いの世界」があるのです。
その扉を開くのは、真の幸福に満ちた、私たちが源(わ)かせる「観い」の波動です。一人ひとりの喜びの観いが結集してこそ、「観いの時代」が実現するのです。
だから、まずあなたに真に〝幸福〟になっていただきたいのです。そして、あなたのように真に幸福な人生を送る人が、一人、また一人と増えていただきたいのです。そうすれば、あなたの〝幸福の力〟が原動力となって、時代は大きく動いていきます。
天華三法行は、そのための道具として天から授かったものです。その道具を使って、一人でも多くの人が真に幸福になることができれば、それだけ早く「観いの時代」が実現していきます。
あなたの生命の尊さ、素晴らしさ。あなたという人間に与えられた使命と、真に幸福に生きることの意味。もう十分に理解されたのではないでしょうか。
シリーズ 【Vol.34】
過去の連載一覧