10月3日、琵琶湖畔で観い高らかに

| コメント(0) | トラックバック(0)

101003-biwako.jpg今年も10月3日に第8回琵琶湖一周大輪天華あさなる大観祭が、滋賀県の米原駅の近くの滋賀県立文化産業交流会館で開催されました。
当日は、行者さんが、朝早くから琵琶湖の豊公園の湖岸に集合し、掃除を行った後、朝7時から琵琶湖の湖岸でいっせいに天華三法行を行いました。
その後、会場である滋賀県立文化産業交流会館に移動し、一年間法筆した法筆帳を納めました。
昨年の10月3日の天気予報は2日前には雨でした。また、前日の天気予報も午前中が雨で昼から曇りでした。ところが、10月3日は朝5時には雨がふっていましたが、6時には雨が上がり、天華三法行を始めた7時には、青空が広がってきました。

今年も、3日前の天気予報では10月3日は雨でしたが、不安は一切なく、昨年同様、絶対晴れると思っていたところ、やはり晴れになりました。
天の観い、行者の観いが結果となったと思っています。
ここで、天華三法行を行った後、皆さんといっしょに唱える琵琶湖大熱唱をご紹介します。是非、声を出して言ってみてください。



天 声 (2002年10月1日)

琵琶湖は地上に人類が誕生する時の母体エネルギーの源泉だった。

琵琶湖は 天の愛そのものを表している。
琵琶湖は 人間のよろこびそのものを表している。
琵琶湖は 地球の素晴らしさそのものを表している。
琵琶湖は 親の優しさそのものを表している。
琵琶湖は 自然の法則そのものを表している。

琵琶湖ありがとう
地 球ありがとう
人 類ありがとう
琵琶湖を汚してごめんなさい
地 球を汚してごめんなさい
自 然を汚してごめんなさい

琵琶湖から全世界に天華の救済エネルギーを発信しよう。
地球丸ごと超法行力を向けよう。
天華慈喜桜100万本植樹で地球に恩返ししよう。
天華三法行33億万巻天地大観法安で人類を救おう。
琵琶湖一周大輪天華あさなる大観祭で自然・人類・地球の復活を実現しよう。

今日は
よろこびいっぱいの家族愛で天華あさなる会七水行の素晴らしさをみんなで味わいなさい。
琵琶湖に向けて超法行力(法行力)を観授行しなさい。
大きな観いの天華空観深息導行で琵琶湖と一体に成りなさい。

琵琶湖ありがとう
地 球ありがとう
人 類ありがとう

2011年10月3日琵琶湖でお会いしよう。 

最高です  法源

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://universal-joy.net/mt/mt-tb.cgi/29

コメントする

このブログ記事について

このページは、木村代表が2010年11月 1日 16:54に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「充実したセミナーが開催でき」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ