人間はもともとよろこびの表現体
いま、あなたは、喜びに満ちた毎日を送っていますか? あなたと、あなたを取り巻く環境に、なんの問題もない日々を過ごしていますか?

大自然に目を移してみれば、太陽は毎日、東から昇り西に沈んでいき、それをただ繰り返すことによって地上すべての生命を育んでいます。植物は春に芽を出し、夏に栄養を蓄え、秋に実をつけ、そして冬を耐えるという繰り返しの中で、動物を養い、動物は植物に肥料を与えたりし、お互いを生かし合っています。
大自然は、決して見返りを求めることなく〈ただ繰り返し他を生かす〉というリズムから成り立っており、その自然のリズムに則っているときにこそ、すべての生あるものは命の歓喜を味わうことができます。
私たち人間も例外ではありません。〈ただ繰り返し他を生かす〉ことを忘れて生きていれば、せっかく大自然の一部としての「喜びの表現体」でありながら生命の観喜を味わえなくなってしまいます。それどころか、〈苦悩しなければいけない自分〉が首をもたげてきます。

物が豊かになり、人のもつ欲望もかぎりなく広がった結果なのでしょうか。自らの利益を尊重したがるあまり、現代は不平不満がたまりやすく、そのことが「ささやかな幸福感や満足感」という生命にとって大切な喜びを吹き消す結果につながっています。
まだ来てもいない将来のことを心配し、過去へのこだわりを捨て去ることもできず、お金に対する執着、恋人・子供・権力への執着など、諸々の対象を“握りしめる”ことによって、届かぬ思いに人々は今を悩んでいます。何かを失うことをいつも恐れ、それを守ろうと必死になるあまりに大きなストレスを被ることもあるでしょう。
そうして、満足すること、足ることを知らない貪欲な状態が続くと、不安、こだわり、イライラ、羨望、怒りといった苦しい感情を生み出し、自らの心身の内にマイナス波動を溜めていく結果を招きます。この世に喜々として生まれ落ちた私たち生命が本来与えられている、正常な波動であるプラス(喜び)を上回るほどのマイナス(苦)が堆積している人も少なくありません。
このように、正常ではない波動が滞留していると、その弱々しい波動に同調する出来事が起きてくることになります。寄ってくる人も、同じような波動を多くもつ人になってしまいますし、それはお金の流れにも影響をおよぼします。 この波動に引き寄せられるように、不慮の事故や災害などの現象に巻きこまれないとも言いきれません。
1│2345678  >>次へ