生命活性エネルギーの存在
私たちが生きている地球も含め、この大宇宙はすべて大いなるエネルギーによって創造されています。地球上の生きとし生けるものすべては、このエネルギーを取り入れることによって生命を維持し、活性化させています。
あなたの胸に手をあててみてください。
自らの意志とは関係なく、1分1秒休むことなく心臓が動いています。特に意識するわけでもないのに、このエネルギーによって私たちの心臓は毎日決して休むことなく鼓動を打ち続け、私たちの体内に血液を送り続けています。60兆あると言われる人間の細胞の隅々まで、くまなく血液を行き渡らせることで、生命を支えている私たちの心臓は、1日およそ10万回、生まれてから今日まで、決して休むことなくこの間隔で鼓動を打ち続けてきました。生命が誕生したときの最初の一打ちから、人生を終える最後の一打ちまで、心臓を動かしているのは、私たち人間の意志ではありませんし、この循環が止めば、私たちは生きていくことができません。
私たちの心臓は、決してその動作の代償を求めることなく、「ただ繰り返し」一定のリズムにのって、私たちを励ましてくれるかのように鼓動を打ち続けています。
自然界に満ち満ちて循環し、マクロからミクロに至るまで、すべての存在を動かしている根源的なエネルギー、それを「天行力 -てんぎょうりき-」と呼びます。
天行力は天から地へと、すべての存在に等しく、まるで見えない雨のように降り注ぎ、循環することによって、無限のエネルギーを常に供給し、活性化させています。
そしてそれは、無償のエネルギーでもあります。
<<もどる  1│2│345678  >>次へ