現代医学の盲点と、人間のしくみ
今日の常識では、薬や手術によらなければ病気は治らないものと考えますが、人間を含めた生物はすべて、病を自分自身で治す力をもともと備えています。いつからか人はこの自然治癒力を見失ってきてしまいました。
現代医学の盲点がそこにあります。
医学は科学の歩調に合わせ、たしかに進歩してきました。抗生物質の発見が多くの伝染病を消し去りました。臓器移植の技術も進み、延命の点でも効果を上げています。
しかしその一方で、人はなぜ病気になるかという根っこの部分に、医学は未だに答えることができずにいます。がん細胞がなぜ人体で突然増え始めるのか、まだ誰にも分かっていません。医学が進歩したというのに、病気のひとつを解明しても、また別の病気が現れるという繰り返しは断ち切れません。
こうした状況を見るかぎり、人知が生み出す方法で人体をどれだけ分析してみても、病気の真の原因を見つけ出すこともできなければ、完全に癒やすこともできないということが言えるでしょう。
なぜなら人間は、肉体だけで創られているわけではないからです。
人間の中には、目には見ることのできない生命体というエネルギー体があります。生物が地上で毎日の営みができるのは、この生命体が肉体の中に宿っているからこそです。肉体が滅び、そこから生命体が抜け出したときが、死を迎える瞬間となります。
病気とは、この生命体のエネルギーが正常でなくなったときに、肉体を通して起きる現象にすぎません。
エネルギーであるからには、必ず波動を刻んでいます。生命体が正常な波動を刻んでいるときには、人間の肉体はすべてが本来のままに動き、一切の病を寄せつけはしません。
ところが波動が不自然なものになると、外から侵入したウィルスは肉体にとどまり、なんらかの障害を引き起こします。正常でない波動に反応して、がん細胞が増え始めます。それらはみな、生命体の発するマイナスの波動が原因なのです。
<<もどる  123│4│5678  >>次へ