自然の法則に則した生き方をしよう
私たち人間は、他の万物となんら変わることなく、すべての根本である「天」(大自然そのもの)の意志の、ひとつの表現体と言えます。
天とは「生気」であると言っても良いでしょう。生気が形をまとい、万物となります。つまり天は、己の本質である「生気」を、万物という物質次元で表現しようと意志したのです。
この地上のどの存在も、地球に必要なものとして存在していると言われていますが、個々の存在がそれぞれのエネルギー(あるいは固有の波動)をもって、この自然界を支えています。
つまり万物は、天の意志にしたがって、世界を現象化させるためのエネルギーを産出しているのです。天は万物に生気を与えましたが、その万物はエネルギーを産出して、今度は天の生気を増強させているのです。
太古の昔、大自然と一体化した生活をしていた時代には、人は天行力を体いっぱいに浴び、喜びに満ちあふれていたはずです。それなのに、しだいに人間は便利さを求めて文明を発達させ、我欲を優先させる行動をとってきました。それに比例するかのように、心身には「苦」という障害物が付着し、それが堆積して、天行力がしだいに流れにくくなってしまったのです。

いま、喜びがわかないという生活をしている人ほど、集中的に天行力を受ける必要があります。喜びがわかないという状態は、不自然です。
大自然には美しく流れる調和があり、喜びの姿があります。大自然の姿は、すべて、そのままで満足している姿です。決して人間のように、こうなりたいとか、変わりたいとか、願い求めてはいません。だから、喜べて、満足しているというのが自然な状態なのです。
反対に、喜びがない、満たされない、不安である、自信がないというのは不自然な状態であり、それは本来あるべきものを受け取れていない状態と言えます。不自然な度合が強いほど、エネルギーを通さない、絶縁体になってしまうからです。皮肉にも、それと知らずに自分でエネルギーを拒否しているのが、現実の姿なのです。
変わりたい、この問題をなくしたいという願いが強い人ほど、いま問題のある人であり、天行力を受け取れていないことの裏返しとなります。だからこそ、問題があればあるほど、大自然の生命活性エネルギーにふれる必要があるのです。
天行力が体内をくまなく流れることによって、私たちはつねに、本来もっている喜びを実感し、喜びに包まれることになります。そうであれば、私たちが生きる上でのすべての物事が、同時に改善されることもまた当然のことなのです。それがもともとの、本来の姿だったからです。そうして、自分にも、生活にも、喜びの現象が出るようになるのです。
大宇宙は、人間がなにひとつ不自由なく暮らせるように、すべての人間が幸せな生涯を送れるようにと、天行力という慈愛のエネルギーを、私たちに降り注いでくれていたのです。
<<もどる  1234567│8